【アレルギー性鼻炎】食物アレルギーが発覚→除去を開始→現在【改善】

malboro.hatenablog.com

 

こんな具合に食物アレルギーを自覚して、検査をして、除去を始めた。今回は、それから現在までを記しておこうと思う。

 

食物アレルギー発覚前

医者からアレルギー性鼻炎で、原因になっているアレルゲンはダニやハウスダストだよ~と伝えられており、私はソレをそのまま受けとっていた。食物アレルギーの影響は考えてもいなかった。

 

この頃の症状は重かった。身体は重いし、目は痒いし、鼻水は滝のようだし、ティッシュを丸めて鼻に突っこみつつ1日大人しくしている感じだった。外に出て何かするなんて考えたくもなかった。

 

頻繁はそこそこで、早いと7日以内に1日行動できないレベルの鼻炎に襲われ、遅いと7~14日以内に襲ってくるといった感じだった。アレルゲンとなる食物を摂取すれば必ず発生していたワケではなく、まるで「アレルゲンが蓄積したから爆発しますね」と言わんばかりの襲撃を受けていたと記憶している。

 

この頃は現在のように前兆を感じることもなく、突然クシャミが出て、一気に鼻水が止まらなくなって、目も痒くなって、行動不能になるといった具合だった。ある程度の知識を持つ今、この頃のことを考えても、あれで食物アレルギーを疑うのは難しいなと思う。

 

食物アレルギー発覚後(除去開始後)

鼻炎ではなく、蕁麻疹、異常な眠気、身体の重さ、動悸から食物アレルギーを疑って検査を受けて食物アレルギーを自覚。除去を始めることになった。

 

除去を始めた直後の私は、検査の結果を確認するためにセルフ食物負荷試験を実行しており、アレルゲンである可能性が高い食物も口にしていた為、大きな変化はなかった。変化が始まったのは、このセルフ食物負荷試験に慣れ、大丈夫とダメの区別をある程度つけ終わり、食事の内容が安定してきた頃。

 

除去に慣れてきた頃から、異常な眠気、身体の重さ、動悸などが解消され、同時に鼻炎も一気に改善された。具体的には、14日以内には必ず~から「そういえば今月は鼻炎で苦しまなかった」と言える程度まで症状を抑えられた。

 

このへんになって、私の鼻炎の原因はダニでもハウスダストでもなく、食物アレルギー中心であることに気づいた。う、うーん・・・医者達に言いたいことはあるけども・・・最終的には気づかなかった私の失敗ってことなんだろうな・・・。

 

除去+αをしている現在

最近は食事の量を減らして食事の回数を調整する等も取り入れ、食事の管理は順調そのものだから、甘い管理で自爆するような食事をしなければ鼻炎で苦しむことはない。食事中に少し鼻がムズムズするかな~程度。ダニやハウスダストを原因とした鼻炎?1回もありませんなぁ!

 

ただ、症状の重さは相変わらずで、甘い管理で鼻炎が発生すれば目が痒いし、鼻水は滝だし、ティッシュを丸めて鼻につめて大人しく寝ているしかない。だから、最近はこれを改善するために動いている。アレルギーの症状を改善・緩和する効果が確認されている乳酸菌を摂取してみたりとか。せめて、少量の調味料なら大丈夫くらいの肉体は欲しいからな。ちょっと料理に紛れこんでた程度なら大丈夫な肉体は欲しい!!

 

そんなこんなで、吹き出物ではない症状から始まったこの一件。アレルギー性鼻炎で苦しんでる画面の向こうの見知らぬ人よ。食物アレルギーも気にしてみませんか。もしかしたら、マシになるかもしれんよ。